FC2ブログ

縮毛矯正(ストレート)のあれこれ~その9~本当に怖い市販(ホームカラー)のカラー剤  実績三重県NO.1の津市の美容室siesta.エキテン口コミランキング100件突破&1位獲得!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お店の定休日、臨時営業日等の重要につきご確認ください



2月の定休日
4日(月)、11日(月)、12日(火)、17日(日)、18日(月)、25日(月)

3月の定休日
4日(月)、11日(月)、12日(火)、18日(月)、24日(日)、25日(月)

instgram ID:siestahair


Instagram

三重県津市の美容室・美容院シエスタのホームページはココをクリック

H& ヘッドクォーターサイト
手荒れを治し、アトピーの改善、皮膚疾患をケアしながら全身に使えるナチュラルオイルバーム



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


最近人気のブログ7本。お時間の許す時に是非是非。。。

縮毛矯正のあれこれ

縮毛矯正のあれこれ~その2~

縮毛矯正のあれこれ~その3~

縮毛矯正のあれこれ~その4~

縮毛矯正のあれこれ~その5~

縮毛矯正のブログ~その6~

縮毛矯正のあれこれ~その7~

縮毛矯正のあれこれ~その8~

おはようございます、竹仲です。

縮毛矯正のあれこれ第9弾です。

ご存知、本日激暇につきブログの書きだめになります。

今回はよりわかりやすくしようと思い、久しぶりにウィッグを使って実際に検証してみました。

_DSC2680.jpg

まずは、最終的な結果から見ていただきましてスタートします。
※このブログの写真は一切の加工はなく、撮ってそのままリサイズしての掲載になります。

まず、今回用意したのが数年前から転がっていました使い古しのウィッグです。

このウィッグの履歴としまして、ブリーチ1回、縮毛矯正1回、パーマ1回に、黒染め1回、娘のカット2回

の状態から向って左側がお店で普段から使っていますオーガニックメインのカラー剤

向かって右側が市販の良く売られています泡カラーでそれぞれ明るく染めたものです。

_DSC2661.jpg

黒染めをして1年以上経過していたりパーマ剤がついたりしていましたので、
比較的黒染めもとれて明るくなりました。

※向って左側半分と右側半分でかわります。

_DSC2663.jpg

この事前状態にいつもお店で使っていますお客様1人1人の状態に合わせてその場で
調合して作りますオリジナルのハイブリッド縮毛矯正の薬剤を塗布していきます。

※この時点で、通常のサロン様で使われています縮毛矯正剤よりもダメージは
相当抑えられた、かなりハイスペックな薬剤を使用していますが、髪の毛の状態に
あわせて調合をしますと結果がわかりにくいので、あえて調合はせずに
『一般的にカラー毛の場合に僕が選定して使うレベルの薬剤』を両方に塗布しています。

_DSC2665.jpg

15分放置しまして、流して軽くシャンプーで落とした状態です。

_DSC2666.jpg

縮毛矯正の手順にそって一度完全に乾かしています。
この段階で、左側は髪の毛の1本1本が綺麗に収まっている状態と、
右側の細かい髪の毛が暴れだしているのがわかるかと思います。

_DSC2672.jpg

アイロン180度で2回スルーした状態です。
当然ですが、綺麗になります。
アイロンを通した段階ではあまり変化を感じません。

_DSC2674.jpg

ですが、2液をつけ7分放置後、流しまして乾かしただけの状態です。
ブローも、何もしていませんがコームで軽く整えた程度の状態です。

_DSC2679.jpg

向って左側のお店の優しい薬剤で染めた状態→縮毛矯正
向って右側のホームカラーで染めた状態→縮毛矯正

どうでしょうか?見たこと、経験したことがあるお客様も多いかと思いますが、
右側の状態がよくいわれます

びびり毛、びびった状態

の髪の毛になります。

繰り返しますが、一切の不正なく、厳正にそのままの状態で施術しています。

_DSC2680.jpg

いつもお店でホームカラーの危険度をお話させていただくのは、
このように縮毛矯正やパーマなどの『アルカリ性の薬剤』に触れる可能性がある場合は
かなりの確立でこのような状態になってしまいます。

※実際お店でお客様で施術する場合は当然薬剤の調整やチェックもより、細かくしますが
それでも泡カラーホームカラーの場合はかなりのリスクが生じてくるのが実情です。

これは縮毛矯正やデジタルパーマをお店のメイン施術としており、
一般的なサロン様より数倍の数をこなしております当店でもそうなるという事実です。

※当店で縮毛矯正比率、デジタルパーマ比率は合算で60%を超えております。
なぜ合算かといいますと、縮毛矯正+毛先カールという当店オリジナル施術メニューの場合、
根元ストレート、毛先デジタルパーマで同時の場合、別日の場合とありますので
基本的には施術の延長線にあるからになります。

ですのでホームカラーを施術することがダメであるとか、やめてくださいと
いった事を強制したいわけでも、言いたいわけもなく、やるのであれば
最終的には自己責任になりますのでサロンでも失敗や近いミスがあったとしても
最終的にそれは御自身の責任の上でされることになるという事なんです。

髪の毛を染めるといった作業は本来免許をもって、劇物としても登録
されてます薬剤を使うので一般的にご自宅で出来るほど簡単にはいなかいものなのですが、
それをどなたでも簡単に染まっているようにみせるために、
市販の薬剤にはあらゆる添加物がいれてあります、そういったものがダメージの増加を促し
実験ではサロンカラーとホームカラーのダメージ比率は1:5という結果もあります。

サロンで5回染めるダメージと自宅で1回染めるダメージが同じなんです。

さらに言いますと当店の場合、一度染めた髪の毛の部分にはほぼダメージをさせない
酸性や中性のカラー剤を使用してますので基本的なダメージは新しく染める根元部分のみになります。

そういったプロフェッショナルな仕事の部分に関しての料金になりますので、
薬剤の原価であるとかだけではなく仕事内容、知識、所見の是非によって価値を知っていただけば幸いです。

今週の予約状況

7日(木)
12時~13時 1名様のみ空きございます!

8日(金)
激暇になりまして終日空きあります!

9日(土)
激暇になりまして終日空きあります!

10日(日)
9時30分~12時空き多数あります!
14時30分以降も空き多数あります!

11日(月)
定休日

12日(火)
定休日


休み中でもLINEより受付は常時可能となっております!

LINE@なんかですと365日24時間対応してますのでおススメですよ!

お休み中でもいつでもLINE@からの受付中ですのでお気軽に問い合わせくださいね!

お電話・LINEお待ちしております!

お休みの間も営業時間前もあともLINE@からのご連絡は常時受付しておりますので遠慮なく
トークからお願いします!


いつもご利用頂いているお客様用メールフォーム

シエスタ公式アカウント

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATN)

ご予約専用電話



059-253-8150

LINE ID:@wjx5788o







ホームカラー 泡カラー びびり毛 美容室 シエスタ 津市 酸性矯正 縮毛矯正 前髪矯正 ブリーチ

0 Comments

Leave a comment