髪の毛の退色をふせぐには?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お店の定休日、臨時営業日等の重要につきご確認ください
9月の定休日

【27日(日)と28日(月)連休】

10月の定休日

【5日(月)と6日(火)連休】、12日(祝月)、19日(月)、【25日(日)と26日(月)連休】の7日間

※20日火曜日は竹仲東京出張のため不在となります

11月の定休日※12月の定休日を前倒しで1日追加させて頂いております。

【2日(月)と3日(祝火)連休】、9日(月)、【22日(日)と23日(祝月)と24日(火)連休】、30日(月)の8日間

10日火曜日は臨時営業日となります。

12月の定休日

7日(月)と8日(火)と14日(月)とと21日(月)と22日(火)の5日間

23日水曜日から31日大晦日木曜日までノンストップ営業です。

twitter @siestahair

instgram ID:siestahair


Instagram

三重県津市の美容室・美容院シエスタのホームページはココをクリック



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


おはようございます。

今日はよくお客様やモデルの子達から質問されるのでブログにしようと思います。

色がすぐに抜けてしまう

そうですよね、よく質問されるのですごく多いです。

美容室で綺麗に染まっていても家に帰って1週間もすると金髪になっちゃうんです

大なり小なり差はありますがだいたい色が1週間とか2週間もたないって質問が多いです

お答えします。

と、その前にいくつかのチェックポイントがありますのでそちらを自己判断してください。

◇最低1年間は同じ美容室で染め続けている

◇信頼できる担当者の方に相談している

◇髪質にあったサロン用シャンプートリートメントを最低6ヶ月は使っている

◇お風呂上りは何より真っ先に髪を乾かしている

◇寝るときは髪の毛を体と布団に挟まれないようにしている


どうですか?

すべての項目でイエスだった方でそれでも色がすぐに抜けるという方は

個人差もあるのではっきりとはいえませんが、カラー剤がまるっきりあってないか

カラーリングの技術力という事も可能性としてありますので1度カラーですごく有名な

お店などはどこの地域でもあるかと思いますので足を運んでみるのもいいかもしれないです。

逆にすべてノーだった方や、ノーがあった方は

まずはうえの項目をすべてイエスにしてみる事をおススメします。

理由としまして

最低1年間は同じ美容室で染め続けている



髪の毛はおおよそ1ヶ月に1cm弱しか伸びないので1年では15cm~20cm程度になります。

カラーの退色(色落ち)というのは1番の理由はダメージです。

そのダメージというのはおおよそですがほとんどの方は毛先に集中しているかと思います。

そう考えると毛先は15cm~20cmほどの部分が主だった部分であり、その部分が綺麗に入れ替われば

健康な状態で毛先を用意できるのでダメージも少なくなっているはずなのです。

ダメージが少なければ退色も劇的に少なくなるのがカラーリングの要になります。

信頼できる担当者の方に相談している



美容師さんにもよるとは思うのですが、退色をすごく気にされる美容師さん、されない美容師さん

これ結構分かれます。単純な理由として退色が早ければ次にカラーをする時に別の色味を補充

できるので極端な話、毎月別の色を楽しむ事が可能と考える方、いっぽうで退色を気にされる

方はなるべく色を長持ちさせたい、リタッチ等で毛先はあまり染めないほうがいいと考えている

方とわかれるかなと思います。

ですので担当の方がカラーリングに関してどういった見識をもっているか確認が必要になるかと思います。

髪質にあったサロン用シャンプートリートメントを最低6ヶ月は使っている



サロン用の髪質にあわせたシャンプートリートメントの考え方は、

退色予防、ダメージ予防にさらに髪の毛のpH調節という役割もあります。

ダメージ毛やダメージを進める髪の状態はアルカリ性に傾いている事が多いです。

1日外や職場で紫外線、日焼け、乾燥など物理的ダメージを髪にあたえると髪はアルカリ性に

傾く傾向にあり、それを1日の終わりにきちんと酸性に戻す事によりダメージのもとを翌日に持ち越さない

といった予防が大事になってくるからです。

そしてそれは1日、2日ではわからない事がおおく、最低でもボトル1本使い終わっていただかないと

髪本来の状態に戻す(ダメージを進行させないという意味での)事は難しいからです。

お風呂上りは何より真っ先に髪を乾かしている



髪の毛は乾いている状態の強さを10とするならぬれている状態は1になります。

つまりお風呂上りぬれた髪の毛は普段の10倍痛みやすい状態という事になります。

その状態でタオルターバンをしたまま数時間放置や乾かさずに放置すると

髪は痛みやすい状態の上に自然乾燥(髪の内部から水分がぬけて干物を作っている状態と同じ)

になります、そうなるとドライヤーで乾かす時とくらべて数倍のダメージも加算されてしまいます。

なのでお風呂上りはまず髪の毛を乾かすという事が重要かと思います。

寝るときは髪の毛を体と布団に挟まれないようにしている



これはロングの方になるのですが、主に髪の毛の後ろ、首の付け根付近が

すごく傷みやすい、部分的にダメージをしている方がすごく多いです。

それは前述の半乾き(タオルドライ+ドライヤー少しで湿り気のあるくらいの乾かし方)

状態で布団にはいりまくらと頭に挟まれた髪の毛がまさつでダメージをうけちぇってる場合です。

こういう場合はシュシュなどでもいいのでゆるく髪の毛をしばって体の前にしておくと

見違えるほどにダメージはなくなるのでとくに長い方におススメしています。



初めてのお客様用メール予約

いつもご利用頂いているお客様用メールフォーム

◇モデル募集の要項◇

撮影モデル募集のお知らせ

応募詳細

■件名に「サロンモデル希望」と入力
■名前、現住所、電話番号 、年齢を記入
■お顔正面の写真の画像を2~3枚ほど(ハッキリわかるもの)と全身が分かるものを添付お願いします。
※携帯のアプリ等での加工がない状態でお願いします。


◆応募フォームはこちらから

ヘアカタモデル応募フォーム

◆メール応募はこちらから

siesta@clock.ocn.ne.jp

◆siesta公式LINEアカウントからでも受付可能です

LINE ID:@wjx5788o で検索お願いします

もしくはLINEのQRコードスキャナーで読み取ってください♪

シエスタ公式アカウント

もしくは友達に追加ボタンをクリックお願いします!

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

◆Facebookからのメッセージでも構いません。

◆お電話でのお問い合わせはしておりません。


ご予約専用電話



059-253-8150

LINE ID:@wjx5788o


WEBモデル・カタログモデル募集








0 Comments

Leave a comment